top

ポルトガル語の翻訳、ブラジル在住の相続人手続き、国際的な行政手続き

司法書士事務所、弁護士事務所、他士業事務所、個人のお客様から幅広くご相談をお受けします

ブラジル相続人サポート

ブラジル国旗

子がいない人が亡くなった場合、兄弟が相続人となり、思わぬ親戚が相続人となることが発生します。兄弟も高齢ですでに亡くなっている場合は、その子が相続人となる代襲相続することになります。

また、土地の名義変更のためにさかのぼって相続手続きを行う場合には、ブラジルに移民した遠い親族の存在が明らかとなって、あわてるケースもあります。

ブラジルに移住した親族とは、その距離の遠さや言葉が壁となって疎遠となってしまうケースも多くあります。

アオヤギ事務所では、親族から提供された手がかりから、ブラジルにいる相続人と連絡を取りポルトガル語での連絡と書類の取り寄せ等のお手伝いをしています。

ご依頼いただいた日本側のご親族や司法書士事務所、行政書士事務所、法律事務所の方々にはブラジルの事情をご説明するとともに、ブラジル側には日本の事情を説明しスムーズな手続を行なっていただくことを支援しています。

今まで疎遠となっていたご親族同士が、相続をきっかけに新たなつながりが出来たことに喜ばれる事があります。人が亡くなった残念な出来事の後ではありますが、その方が残してくれた親族との新たなつながりを大切にしていただけるよう、丁寧な対応を心がけております。

実績 - ブラジル相続人サポート

相続手続に必要な書類のポルトガル語・日本語 翻訳

日本の法務局で相続登記の為に必要な書類は、日本語で提出する必要があります。

しかし、ブラジルに移住した親族やその子孫が日本語を理解しない場合、ポルトガル語で説明を行ったり、ブラジルの公証役場でポルトガル語に翻訳した遺産分割協議書にサイン証明を受けることになります。

そのため、日本語で作成した書類をいったんポルトガル語に翻訳してブラジルで手続を行なった後、日本の法務局に提出するために再度日本語に翻訳する作業が必要です。

アオヤギ事務所では、行政書士自身がポルトガル語の翻訳を行いますので、法律専門の事務所様にも安心してご依頼を頂いております。

〇 遺産分割協議書、遺産分割協議証明書
〇 サイン認証
〇 出生証明書、婚姻証明書、死亡証明書
〇 裁判書への提出書類
〇 宣誓書
〇 委任状
〇 身分証明書類

ブラジルに移住した親族の調査

事務所

ブラジルに移住した親族の名前やおおよその住所は知っているが、連絡手段が分からない・・・というケースは日本にいる相続人にとっては大変困った状況です。

外務省経由で調査することも考えられますが、多くの時間が要する場合があります。

しかし、今やインターネットの時代です。ウェブサイトでお名前から調査して判明することがあります。また、ブラジルの登記所では個人情報を教えてくれることがあります。

アオヤギ事務所では、ポルトガル語が壁となった思うように出来なかった調査を行いできるだけ早く相続手続が確実に進むようお手伝いします。

ご依頼の流れ

① お見積もりを致します。まずは お問合せ(フォーム)ください

② 身分証明書のコピーや委任状が必要となる場合があります。

【 宛先】 住所 : 〒177-0033 東京都練馬区高野台 3-33-21-102

アオヤギ行政書士事務所 青柳りつ子 宛て

③ 着手金をお支払いください。
☆東京三菱UFJ銀行
☆ゆうちょ銀行
☆ブラジル銀行東京支店-Banco do Brasil

④ 調査状況を随時報告します。

⑤ 業務が完了しましたら残金をお支払いください。