top

ポルトガル語の翻訳、ブラジル在住の相続人手続き、国際的な行政手続き

司法書士事務所、弁護士事務所、他士業事務所、個人のお客様から幅広くご相談をお受けします

個人の方へ

img

アオヤギ事務所は行政書士の事務所です。

日本には弁護士や司法書士などそれぞれが行う業務が法律で定められています。行政書士は法務局での登記手続きや裁判が関わるケースを行うことができません。

ポルトガル語の翻訳のみのご依頼の場合は、当事務所でお引き受けします。

ご親族と土地が絡む相続手続きを行うことになった場合、遺産分割協議証明書を作成するところは行政書士は可能ですが、法務局への申請は主に司法書士の業務範囲となります。

この様なケースでは、以下のいずれかの方法により、当事務所と一緒に手続きをすすめることが可能です。

〇 日本側の相続人自身で遺産分割証明書を作成いただき、当事務所が翻訳等を行う。(相続に関する知識が必要です)

〇 お近くの司法書士事務所に別途、ご依頼いただき、その司法書士事務所とアオヤギ事務所が共同で進める。

〇 当事務所で司法書士事務所をご紹介する。(海外が絡む案件で実績がある事務所です)

どの方法が良いのかについては、ご相談の際に現在の状況をお聞かせいただければと思います。

業務の詳細は各ページをご覧ください。

ブラジル相続人サポート » 詳細を見る

ポルトガル語翻訳 » 詳細を見る

ブラジル相続人サポートについて

アオヤギ事務所にご相談いただくケースでは、ブラジルに移民された親族やその子孫の方々と、疎遠になっているケースが多くあります。

言葉の壁があったり、親同士の付き合いがあまりないなど、なんとなく距離ができてしまうパターンがあります。

ご親族が亡くなって相続手続きをしなければいけない状況で、久々に取った連絡が悲しいお知らせとなることもあるでしょう。

一方で、日本の親戚からの連絡を喜んでくれるケースもあります。これを機に、親戚づきあいが再開したケースもありました。

言葉が通じない親戚とのコミュニケーションは不安が多いと思います。

そんな不安に寄り添い、手続きを行うだけでなく、親族の気持ちもお伝えできるよう業務に当たっています。

業務の詳細は下記のページをご覧ください。

ブラジル相続人サポート » 詳細を見る

ポルトガル語の翻訳について

ポルトガル語翻訳

アオヤギ事務所では、ポルトガル語の翻訳のみのご依頼も承ります。

入国管理局や役所、法務局、学校、領事館などに提出する書類の翻訳を行っています。

翻訳は行政書士自身が行い、翻訳証明を付けますので一定の信頼性が担保されます。

業務の詳細は下記のページをご覧ください。

ポルトガル語翻訳 » 詳細を見る

ご依頼の流れ

① お見積もりを致します。まずは お問合せ(フォーム)ください

② 身分証明書のコピーや委任状が必要となる場合があります。

【 宛先】 住所 : 〒177-0033 東京都練馬区高野台 3-33-21-102

アオヤギ行政書士事務所 青柳りつ子 宛て

③ 着手金をお支払いください。
☆東京三菱UFJ銀行 (ご依頼後に口座番号をお知らせします)
☆郵貯銀行 (ご依頼後に口座番号をお知らせします)
☆ブラジル銀行東京支店-Banco do Brasil (ご依頼後に口座番号をお知らせします)

④ 調査状況を随時報告します。

⑤ 業務が完了しましたら残金をお支払いください。