top

ブラジルでの離婚手続き

日本在住の日本、ブラジルの方、司法書士事務所、弁護士事務所から幅広くご相談をお受けします

ブラジルでの離婚手続き Homologação e averbação de sentença de divórcio japonês

ブラジルでの離婚

日本で成立したブラジル人が当事者となる離婚は、ブラジルで離婚手続きを行う必要があります。

そのままでは、再婚するときや、相続が発生した時ににあわてて手続きを進めることになり、手続が複雑になる上、さらに時間を要することになります。

ブラジルで離婚の手続きをするためには、ブラジルの弁護士に依頼して手続を進める方法があります。

当事務所では、ブラジルの日系弁護士をご紹介し、ブラジルでスムーズに離婚手続きができるようサポートをしています。

行政書士は法律で守秘義務が定められています。安心してご相談ください。

1)日本で行われた離婚をブラジルの裁判所で承認(未成年の子と共有財産がある場合)

在東京ブラジル総領事館のHPでは、日本における離婚判決を受けた離婚についての案内が、ポルトガル語で記載されています。

在東京ブラジル総領事館HP

ポルトガル語のみの記載ですのでブラジル人と離婚をする日本人にとっては分かりにくいかもしれません。

下記に、手続きの概要をまとめました。個々の状況やルールの変更などにより方法が異なる場合がありますので、実際にはケースによって都度、確認をしていくことをお勧めします。

ブラジルでの手続き機関 ブラジルの連邦高等裁判所
手続の種類 外国の判決文の承認
手続き方法 ブラジルの弁護士又は公共弁護局に依頼
必要書類 ブラジルの弁護士又は公共弁護局に依頼するための委任状
アポスティーユを付与された離婚判決の原本
アポスティーユを付与された領事館の婚姻証明書又は日本の婚姻証明の原本
可能な場合、元配偶者からブラジルでの離婚判決の承認に同意する旨をサイン証明付で表明した宣誓書
他、必要となる書類
書類の訳文 ブラジルでは外国語の文書をブラジル国内で正式な機関に提出する場合は、アポスティーユを受けた後、ブラジルの公証翻訳人による翻訳を添付する必要があります。
ブラジルでの離婚判決の承認を受けた後の手続き 当事者は、連邦高等裁判所の判決書を、離婚登記がなされる第一民事登記所に提示し、離婚の欄外注記の登録を受けます。

2)日本で協議離婚をした場合(未成年の子と共有財産がない場合)

在東京ブラジル総領事館のHPでは、日本において成立した協議離婚についての案内が、ポルトガル語で記載されています。

在東京ブラジル総領事館HP

ポルトガル語のみの記載ですのでブラジル人と離婚をする日本人にとっては分かりにくいかもしれません。

下記に、手続きの概要をまとめました。個々の状況やルールの変更などにより方法が異なる場合がありますので、実際にはケースによって都度、確認をしていくことをお勧めします。

手続の場所 ブラジルで婚姻登録をしている登記所
日本で行うこと 離婚を証明する官公署の書類に外務省でアポスティーユを付与する
ブラジルで行うこと アポスティーユを受けた日本の書類を、ブラジルの公証翻訳人にポルトガル語に訳してもらう。
その後、婚姻登録をしている登記所に上記の書類を提出して離婚の欄外注記を記載してもらう。

ご依頼の流れ

① まずは お問合せ(フォーム)ください

現在の状況について、概要をお教えください。

② 当事務所で対応できることをお伝えするとともに、内容が固まり次第お見積りをいたします。

③ 料金をお支払いください。
☆東京三菱UFJ銀行 (ご依頼後に口座番号をお知らせします)
☆ゆうちょ銀行 (ご依頼後に口座番号をお知らせします)
☆ブラジル銀行東京支店-Banco do Brasil (ご依頼後に口座番号をお知らせします)

④ 業務に着手します。業務の進捗を随時お伝えします。